スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

補修水路を探訪〜20才を迎えた水路たち〜 第3回

 

今年は暖冬で雪が全然降りません。

 

富山の私にしてみれば、除雪等の苦労がなく有難いのですが……

 

除雪…といえば、除雪車ですが、雪国では『流雪溝』を利用した除雪も

 

あります。

 

ピンとこない方もいらっしゃると思いますが、雪を流す水路です。

 

そこで今回は、流雪溝を取り上げてみました。岐阜県高山市の塗装流雪溝

 

です。

 

平成3年施工 岐阜県塗装流雪溝(暗渠) 施工後27年経過状況

 

幅1m×高さ1m×施工延長約200mの壮観な仕上がりとなっております。

 

かなりの流速ですが、2亳の塗膜は摩耗に耐えています。

 

未塗装の場合、20年程度でコンクリートの底が約5僂悗海爐らい

 

摩耗し、粗度係数が著しく低下したと思われます。

 

 

        暗渠内

 

状態は良好で、これだけ永続的に剥がそうとする力が加わっているのに、

 

27年も耐用しているのは当社の主力商品『ミゼロン』だからこそです。

 

 

ちなみに、狭い暗渠内を施工するのは大変でした……

       ↓↓↓

 

      施工当時の様子

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

有機系材料もきちんと施工すれば、長持ちすることがお分かり

 

いただけたと思います。補足ですが、この流雪溝の隣に役所の

 

大きな駐車場があるのですが、当社の塗装流雪溝にしてから、

 

除雪機で直接流雪溝に大量の雪を投下しても、詰まることはない

 

そうです。

 

除雪を経験したことがある方ならお分かりいただけると思いますが、

 

これは大変重要なことで省力化に繋がります。除雪は相当な労力です。

 

当社の工法が、少しでも雪国の方々の除雪の苦労を緩和できることを

 

期待しています。

 

なお、当社工法にご興味がございましたら、ご説明と現場案内等を

 

させていただきます。

 

株式会社 大塚工業

富山市石田2−4 ☎076-429-0755  FAX 076-429-260

ootuka@ootuka.co.jp

 

スポンサーサイト

コメント